moxt

Just another Blog site

画風を変換するアルゴリズムの別実装neural-styleを動かしてみる

   

画風を変換するアルゴリズム | Preferred Research

すごい。
でも、Chainerの使い方よく分からないので別に提案されてる実装で試してみた。

jcjohnson/neural-style

環境構築

例によって、手元の環境を汚したくないのでDockerを使って試す。

https://github.com/jcjohnson/neural-style/blob/master/INSTALL.mdこれを参考にしてDockerfileを作る。

で、buildしてrunする。

loadcaffeのインストールもDockerfile内で完結させたかった。
Dockerfile内でインストールしたloadcaffeはneural-styleで参照されない。
インストールの仕方が悪いと思うのだが、ちょっとよくわからないので放置。
なので、run後にインストールした。

neural-styleで使用するモデルをダウンロードする。
ファイルサイズが大きいのでVOLUMEでホスト側のストレージに落とすようにしておくのがいいかも。

これで環境は整う。
GPUで計算したい場合は別途依存ライブラリを導入する必要がある。

動かしてみる

例えば、ブラット・ピットの写真をムンク風にしてみる。

image_sizeオプション(オプション指定しないと512となる)でサイズを小さくしておくとCPUでもなんとか終わる。

brad_pitt

これが

the_scream

と掛け合わさって

out

こうなる。

 - ディープラーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  関連記事

0100
deepdreamしてみたい

http://amagitakayosi.hatenablog.com/entry/2015/07/03/143913 「だれか試して」と書いてあったので便乗。 …

tsubasa
ディープラーニングで本田翼を見分けたい。初歩編

佐村河内守のアレの焼き増し。 ショートボブ4姉妹の画像群を学習させて本田翼を本田翼と正しく分類できたらバンザイですね、ってヤツ。 …

no image
ディープラーニングフレームワークCaffeをGPUなEC2上でサクッと動かせるようにしたい

MacのGPUだとCUDAが動かないらしく、Caffe+GPUが実践できない。 CPUだと学習に時間がかかるためGPUをつんだコンピュータで高速に学習させたい。 …

no image
『Caffeで手軽に画像分類』が手軽にできない。

バズワードと化したディープラーニングをやってみたい。 そんな軽い気持ちでググると下の記事が出てくる。 …

no image
PythonとOpenCVで線画を抽出してみる

chainerで線画着色をwebサービスにして公開してみた – …

20130608212518
とりあえずディープラーニングしてみたいならErsatzという選択肢があるよ

Contents1 はじめに2 …

20130608212518
MacでKerasを使えるようにする

KerasはTheanoやTensorFlowを楽に使うためのライブラリ。 1年前くらいはCaffe使ってたけど、やっぱり使いにくい。 …