moxt

Just another Blog site

Dockerでよく使うコマンド

      2015/07/03

随時追加

attachとdetach

実行中のコンテナにアクセス、コンテナから脱出する。
docker run -it コンテナ名 /bin/bash とかでコンテナ内で色々やってるときにattachとdetachコマンドをよく使う。

attach

docker attach コンテナID or NAME

コンテナIDやNAMEはdocker psで分かる。
attachを実行すると無反応な感じになるので、Ctrl + cをやるとコンテナのシェルに復帰できる。
これ正しいのかなw

detach

コンテナから脱出したいときに実行する。
普通にexitを打ってもいいんだけど、コンテナでやった作業とか全部消える。
その度にrunするのも面倒なので(dockerの使い方として正しいか謎だが。)、detachで脱出する。

Ctrl + p Ctrl + q と打つと脱出できるはず。

logs [コンテナ名]

コンテナ上の標準出力を表示するときにつかう
-fオプションをつけることで
ログを垂れ流しにすることができる。

rmi [イメージID]

イメージを削除する。

タグの無いイメージを一括削除

build

Dockerfileからイメージをビルドする。

docker build -t [タグ名] [Dockerfileへのパス]

 - Docker, プログラミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly