moxt

Just another Blog site

MacでDockerした感想文

      2015/07/03

前提:DockerはLinux上でしか動かない

MacでDockerしたいんだけど

VirtualBoxのような仮想化ツールでLinuxな環境を用意する必要がある。

ブログなどでよく見る方法
* VirtualBox+Vagrant
* homebrewでdocker+Boot2Docker
https://docs.docker.com/installation/mac/

公式で提案されてるやり方GUIでイケるので楽そうだわ。
ちゃんとメンテナンスもされてるみたいだし、素直にpkgファイル展開しよう。
https://github.com/boot2docker/osx-installer/releases/tag/v1.4.1

pkg開いて指示に従っていればMacでDockerするために必要な環境ができた。

Docker用VMの操作はboot2dockerコマンドでやるみたい。
http://boot2docker.io/

コンテナ?

ホストOSという地球上に設置された独立国家って感じ?
軽いVMくらいの理解でいいのかも。

初めてのコンテナ

  • ubuntuをインストールして
  • Hello worldを表示して
  • 終了

↓コンテナの作り方や消し方などのチュートリアル

Dockerfileって何?

ってやると、ubuntuのコンソールが起動する(ubuntuでbashを実行するコンテナが実行される)。
ここで、gitやnginxをインストールする。
で、exitして再度↑のコマンドを実行すると、インストールしたgitやnginxは消えてる。
「ubuntuでコンソールを起動する」コンテナなのでその後の状態は保持してないからだ。

コンテナを起動する度に中で行った作業を手で打つのは不毛。
なので、コマンドを別のファイルに記述しておいてコンテナ起動時にそれを自動的に実行してもらえると嬉しいよね。
じゃあ、その実行したい処理をプレーンテキストに書いてdocker run ubuntu プレーンテキストを走査して逐次処理を実行ってのも色々大変そう。

って、ことでDocker側でその辺の仕組みを用意してくれてる。
Dockerfileというファイルに独自DSLを記述すれば、プロビジョニングができるってわけ。

Dockerfileを作ってみよう

Dockerfileでググればいろいろでてくる。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1407/08/news031.html

Dockerfileからイメージ(と呼ばれるコンテナのクラス)を作って、イメージからコンテナを生成する。

Dockerfileに処理を記述することでインフラっぽい層をコードとして管理できる。
これによって、インフラっぽい人はDockerfileの整備に専念できるし、アプリっぽい人はDockerfileで記述された舞台の上でアプリケーションコードを書くだけで良くなる。この関心の分離が結構嬉しそう。

イメージのバージョンを管理できるDocker

ubuntuでbashを起動するコンテナを起動して、そこでnginxやらをインストールしてexitするとその差分は消えちゃう。
Dockerにはattachとdetachっていう機能があって、コンテナを実行させたまま一時離脱、逆に離脱したコンテナに再度ジャックインできるような感じ。

何かしらのソフトをインストールしてexitせずdetachする。
で、その実行中のコンテナをcommitってやつをすることで実行されてる状態のコンテナのイメージを作ることができる。
便利すね。

Docker Hub

Dockerfileをgithubのようなサービスで管理すると、最新のDockerfileをpullしてイメージを作ってコンテナを実行すると良い。
Dockerfileじゃなくてイメージそのものを管理できないかなー、って人がでてくるはずでDocker社はそれを見越してDockerHubというサービスを提供してる。

これを使えばいきなりdocker run 使いたいイメージで環境が完成しちゃう。はず。

もちろん作ったor編集したimageをDockerHubにpushできる。

Dockerfile+なんかのバージョン管理システム vs DockerHub

Dockerfileを共有するのと、DockerHubでイメージを共有する方法、最終的な目的は同じだと思うんだけど…
どっちがいいんだろうね。まあ、『場合による』で終わる系の話だろうが。。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1408/26/news038.html

このスライドを先に読んどきゃよかったw

 - プログラミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

  関連記事

no image
Rubyのモジュール機能とRailsのHelperについて考える

Moduleとは 参考サイトを見ながら思ったことをメモ …

no image
goで無限ループ

しょうもないが忘れるので。。

Docker Machineのメモ

随時追記する Contents1 …

no image
意識低いRuby on Rails再入門1

整理がてらメモ。 Contents1 …

コードを雑に読むアプローチでScrapyを入門する

Scrapyはスクレイピング用フレームワークなので、登場人物多すぎてよく分からない。 彼らの関係性や役割を理解を深めるために『Data …

nokogiriでスクレイピングするときによく忘れるヤツ集

書くことで記憶を定着させる施術。 class,id以外の属性を指定してタグを探したい …

no image
フロントエンド開発のメモ

最近のフロントエンド開発ではビルドランナーを使うのが常識になってきてるみたいなので。 jspm的なもっと進んだやり方でも良いんだけど、pluginが少ない、文献が少ない、自身の技術力不足、ということでビルドランナーなやり方でやる。 …

no image
iOSアプリの設計ってどうやるの?

ViewControllerに処理を詰め込みすぎて保守が大変になるのはあるあるネタですよね。 じゃあ、ViewControllerでやることってなんだろうって問われると、まあ、こんなんだろうなってフワッとしてる。 …

no image
SeleniumでChromeを自動操作したい

Seleniumという便利なソフトウェアがあります。 これはブラウザ上の操作をスクリプト化し自動化することを目的としています。 …

Chef::Exceptions::ChecksumMismatch:というエラーの対処

今頃になってChefの話。 チェックサムの形式をミスってる可能性がある。 …